天然水

日本人にあうミネラルウォーター

ミネラルウォーターの種類は、大きく分けて硬水と軟水の2つの種類に分類されます。
賢く使い分けてあげると様々な場面で活躍することもありますが、
日本人の身体に適しているのは軟水です。

ミネラルウォーターは、様々な会社から販売されています。
ミネラルウォーターなら、どれも一緒と思っていませんか?
ミネラルウォーターに含まれている成分は、それぞれ水の産地などで変わってきます。
内容物が違うのです。

一般的にミネラルウォーターにはマグネシウム・カルシウム・ナトリウム・カリウムが含まれています。
このマグネシウムとカルシウム、それと、ミネラル分の合計料を数値化したものが、
水の「硬度」を表しています。

ミネラルウォーターというのは、基本的に硬度が高いとされていて、
ミネラルウォーターの硬度は301以上入っているものを「硬水」
100以下のものを「軟水」と呼んでいます。

中間の100~300のものを「中軟水」と呼んでいますが、これはあまり聞きなれないですね。
日本人が飲みやすいとされているミネラルウォーターは「軟水」です。
これは、生活用水のうち、利用している水の80%が軟水だからなのです。
日本人が慣れ親しんでいるのが軟水だということです。
もちろん、水道水も「軟水」です。

和食を作るときにも、ダシなどが染み込みやすいとされている軟水を利用していますので、
日本人には軟水の方が飲みやすいと感じる人が多いようです。
お水の中に風味が溶けやすいのは軟水になりますから、紅茶やコーヒーの香りが楽しめるのは、
軟水ということになります。

硬水や軟水には、それぞれメリットとデメリットがあります。
運動したあとに摂取すると良いとされているのは、硬水の水なのです。
なぜなら、マグネシウムやカルシウムを硬水から摂取することができるので、
このマグネシウムやカルシウムが筋肉の運動を助け、筋肉が痙攣したり、足がつったりといった
運動によるトラブルの予防につながるのです。

ただし、いきなり硬水を飲むとお腹を壊すこともよくありますので、
運動を良くする人は、少しづつ軟水から硬水に変えていくなど、
トラブルをなるべく避けるようにしましょう。
様々な場面で硬水と軟水をうまく使い分けるといいということですね。
最近では会社だけでなく家庭用のウォーターサーバーというものまで出てきていますが、
なぜこんなにもウォーターサーバーが人気なのか?
その理由はこちらをご覧なればわかるはずです。