天然水

硬水と軟水の違い

日本の水はほとんどが軟水です。
水道水も軟水なのです。
ですから、日本人が飲みやすいのは軟水ということになるわけですが、
料理やその利用方法により硬水と軟水をうまく使い分けられるようになるといいでしょう。

ミネラルウォーターには、「硬水」と呼ばれるものと「軟水」と呼ばれるものがあります。
この違いは、ミネラルウォーターの中に含まれている
マグネシウムとカルシウムの量により分けられています。

このマグネシウムとカルシウムの量が少ないものを「軟水」と呼び、
量の多いものを「硬水」と呼んでいます。

日本のお水はほとんど軟水です。(日本の約80%)一部の地域では硬水の地域もあります。
この「軟水」に分類されるものはミネラル(マグネシウムとカルシウムを合計した量)を、
数値化したものなのですが、
数値が100以下のものを軟水で、300以上のものを硬水と呼んでいます。
100~300までのものは「中硬水」と一般的には呼ばれています。

このマグネシウムとカルシウムは沸騰させるとその内容量が減りますので、
沸騰させることにより、硬水を軟水に変えることもできるのです。
軟水は体への吸収も良いため、体の弱っている方や、お年寄り、赤ちゃん、子供には
カラダに負担をかけずに摂取してもらうことができます。

また硬水は体への吸収が良いとは言えないため、胃腸に負担をかけることがありますが、
ダイエットをしたいと思って水を飲んでいるという人には、硬水がオススメです。

ダイエットしているかたで愛飲されているもので、
最も支持率が高いのは、コントレックスというミネラルウォーターですが、
このコントレックスは硬度1500以上の硬水です。

どのような場面で水を有効に活用したいと考えているのかで、その水の用途は変わってきます。
運動をしているときや、夏の暑い時には、素早く水分補給をしなければなりませんので、
水分補給に適しているのは「軟水」ということになります。
料理などでは、コーヒーや紅茶、緑茶、だしを摂る時などは、軟水が適していると言われています。

気をつけなければいけないのは、香硬水を飲み慣れていない日本人が、
硬水を一度に大量に摂取すると胃腸を悪くしたり、お腹を壊したりします。
ですから、自分の体調を見ながら一度にたくさん摂取をしないようにしながら、
徐々に体を見ずに合わせていくことが必要だということをお忘れのないようにしてください。
ダイエット目的で毎日水を飲むならウォーターサーバーという機械を利用すると良いでしょう。
ウォーターサーバーはいつでもおいしいミネラルウォーターが飲めるし、冷たい水だけでなく温かいお湯も使うことができます。
最近では一般家庭でもウォーターサーバーを使っている家庭が多くなっています。
無料でお試しできるメーカーも増えていますので、気になった方は是非一度お試しください。
使ってみることでその便利さが実感できるはずです。
また、安心安全で美味しいお水は今大人気のウォーターサーバーのお水が1番です。是非お試しから始めてみませんか。