天然水

お酒とお水の関係

お酒をお水の関係はとっても深いのです。
特に日本で製造される日本酒は、おいしいお水があるからこその銘酒だと言われる程です。
お水とお酒の密接な関係に迫ります。

お酒を作るときに水割りにするかた、多いですよね。
また、オン・ザ・ロックで飲まれる方も、氷を使います。
氷はお水から作りますから、お酒の中に氷が溶けて水になっていくのです。

日本では、日本酒というお酒が独自にありますが、
名水のあるところには、銘酒あり、と言われています。
日本全国にあるお水の美味しい地域には必ずと言っていいほど、日本酒の製造をしている蔵があるというのも事実です。

美味しい日本酒を作るためには、おいしいお水が欠かせないということです。
なぜなら、日本酒の成分のうち、80%が水だからなのです。
日本酒を作るためのお米を洗うのも水。
お米をむすときに必要になるのも水。
出来上がったお酒の濃度を調節するために使うのもお水です。

日本酒を作るためにはお水が欠かせない存在で、
そのお水が美味しければ美味しいほど、美味しいお酒が出来上がっていくというわけです。

お酒を作る過程で、発酵させるために微生物の活躍を期待するわけですが、
お水の中にミネラルが豊富に含まれていると、微生物が麹、酵母などの働きを大きく助けてくれるのです。
ですから、日本酒の銘酒が製造されている地域で開発販売されたミネラルウォーターというのは、
全てにおいて優れたミネラルウォーターであるといえるのです。

また、お酒とお酒の合間にお水を飲むようにすると、口の中がスッキリとし、二日酔いも防げるという、
二日酔い防止の役割も果たしてくれます。
これは、口の中をスッキリさせることで、舌の感覚がお酒の味で麻痺してしまわないようにすることで、
お酒の味を敏感に察知するようになりますから、味わいながらお酒を飲み続けることができるからなんだそうです。

製造過程でも、それを口にする時でも、どんなときにもお酒にはお水は欠かせない存在なのです。
お酒を飲む時にも、このお酒はどのような場所で、どのようなミネラルウォーターを使って製造されているのかと、
思いを馳せながらお酒を飲むとまたお酒がさらに美味しくなるかもしれませんね。
また、便利なウォーターサーバーについても参考にご覧ください。