天然水

料理と水の関係

水と料理は密接につながっています。
お水がなくては料理ができないからです。
美味しい料理を作るにはどのようにお水を選べばいいのか、考えてみましょう。

料理をする時に欠かせないのが水です。
野菜を洗ったり、麺などをゆでたり、冷水で冷やしたり。
お味噌汁を作るのにもお水が必要ですし、ご飯を炊くときにもお水を使います。

この料理の時に使用するお水が美味しければ、美味しいご飯が炊けますし、美味しいお味噌汁もできるのです。
食事の原材料になるものを作る工程でも、お水はたくさん使われていますよね。
農作物を育てるのもお水。
お豆腐などを作るときにも、大量のお水を使っています。

料理と水は密接な関係です。
お水なくして料理はできません。
料理をおいしくするお水とはどんなお水なのでしょう。

まずは、そのままでも飲めるお水でなければなりません。
そして、飲んでもおいしいお水であれば、料理に使った時にもおいしいお水になるのです。
プロの料理人の方々は、使うお水は全てミネラルウォーターだとか。
ミネラルウォーターと水道水のちがいwswは一体なんでしょう?
一般家庭でそんなことをしたら破産してしまいますよね。

ですが、ここだけはどうしてもミネラルウォーターを使いたい、という料理もあります。
作る料理によってお水を変えるという方法です。
作る料理によって、使うお水を変えてあげるとさらに料理をおいしくすることができます。

和食はダシをとったり、さっと茹でたりという料理方法が多いので、
軟水を使用した、煮た時に水分に吸収されやすいという料理方法に適しています。

逆に、長い時間コトコトと煮るような料理というのは、シチューやカレー・スープなどがありますが、
このような料理には硬水が向いているのです。

硬水にはお肉の臭みを取り除くという特徴もありますが、ダシを取るということには向いていません。
なんでお肉の臭みが取り除けるの?
はい。
ヨーロッパなどのミネラルウォーターにたくさん含まれているマグネシウムやカルシウムが、
肉の臭みをとるのに一役買うんですって。
ですから、硬水でお肉を煮込むと美味しくなるんですね。

いろいろな調理方法で使うお水を変える。
料理がさらに美味しくなるということが分かっていただけたかと思います。
また、安心安全に飲めるウォーターサーバーがとてもおすすめです。